WORKS

20210930香林居_00444_2.jpg
Case.01

香林居

金沢市香林坊に位置する、2021年10月オープンの全18室の高単価ブティックホテル。西松建設・SUN-AD・ひとともり・U+・SKLO らクリエイティブチームと協働し、企画・開発を行いました。香林居のビルは、もともと「眞美堂」という九谷焼を中心としたギャラリーを空間の年輪、堆積した時間の重みを尊重し情緒的で上質な空間へとリノベーションしています。香林坊の地は、安土桃山時代の僧が、自身が調合した目薬で前田利家の目の病気を治したという言い伝えがあり、かつて目薬は「蘭引き」と呼ばれる陶器の蒸溜機で精製されていたことから、1Fでは蒸溜所を併設しています。他にも、石油成分を含まない自社開発のバスアメニティブランド「Petrichor」や、千葉の農園の果樹や薬草・ハーブから生成されている「mitosaya」の香林居限定蒸留酒を販売。B1Fでは、金沢市尾張町にある〈四知堂〉と提携した、台湾料理のキュイジーヌを朝食に提供。他にも、光と音を遮断して水の上に浮かぶ〈アイソレーションタンク〉やセルフロウリュのできる〈ルーフトップサウナ〉を併設しています。

OfficialLink.png
Bottum.png